ロナウジーニョ仮想通貨

大注目ICO!ロナウジーニョが世界と仕掛ける仮想通貨RScoinの可能性と購入方法まとめ

世界的に有名なサッカー大国ブラジルの元代表選手であるロナウド・デ・アシス・モレイラ氏(通称:ロナウジーニョ)が、世界のサッカー界と共に新たなRSCプロジェクトというものを始動させました。

そのプロジェクトでは、ロナウジーニョがインフルエンサーとしてサッカーを愛する世界の人々へ、新たな挑戦として寄与していく世界規模のプロジェクトでなのです。

この仮想通貨のICO発行における、プロジェクトの概要や可能性について、そしてプロジェクトのスケジュールだけではなく、実際のICO参加方法や評判などを全てまとめてみました。

RScoinプロジェクトとは?

RScoinとは、元ブラジル代表のプロサッカー選手であるロナウジーニョが手がける【ロナウジーニョサッカーコインプロジェクト】と銘打つ仮想通貨プロジェクトであり、マルタ共和国に登記された会社のワールドサッカーコイン(WSC)がRSCの発行母体です。

また、国内1位のフットサル場運営企業であるJFC(ジャパンフットサルコート)や、アレグリアスポーツ(ロナウジーニョ・ジーコ・クリスティアーノロナウド・メッシ・ネイマール・ハメスロドリゲス選手等の海外選手のマーケティングをしている会社)共に連携し進めています。
とはいえ、RSCプロジェクトは海外ベースのICOであり、2018年8月よりクラウドセールを実施する方向性とのことです。

ロナウジーニョサッカーコインプロジェクト(公式)

RSCプロジェクトの目的

世界中のサッカーを愛する35億人が国境や人種、文化を超えて、サッカーの力を借りて『夢と希望と笑顔があふれる世界』を実現するために、共通の価値を提供することが上位概念での目的です。
実業と市場規模が大きい市場とリンクさせたプロジェクトの展開をしていきます。ロナウジーニョがインフルエンサーとなりSNSフォロワー8000万人に告知しプロジェクト拡大を図っていく。

RSCプロジェクトの市場規模

現在ブックメーカー、スポーツベッティング市場が200兆円で展開されていることをご存知でしょうか。そのうちサッカー市場は65%を占める130兆円の市場規模があります。
RSCプロジェクトはサッカーベッティング市場の1%シェア獲得を目指しています。(1兆3000億円)

ロナウジーニョは今年の初め、このプロジェクトについて自身のツイッターにて、ICOの準備が整ったと動画でツイートしました。

RSC事業戦略について

長期的な戦略とビジネス面では、ブロックチェーン技術がプロジェクトの基盤となります。
ブロックチェーンの技術を可能な限り活用し、さまざまなサービスや決済システムに関連する完全なビジネスモデルを構築しています。
以下に、先日リリースされたホワイトペーパーを貼り付けておきます。

ホワイトペーパー(WHITE PAPER)
(7月19日配信)

全60ページに及ぶホワイトペーパーで、様々な事業内容が記されています。
もちろん英語です。
英語が得意でなければ、細かいところまで理解しようとするなら結構大変です。

少し簡易に表現すると、以下のような構造で考えられているようです。

次に、このビジネスにおけるブロックチェーン技術の主な使用例を示します。

RSCの使用例

・デジタルスタジアム、スーパーリーグ、eスポーツなどの利用
・VRとARを使用したデジタルコンテンツの購入
・スーパーリーグとeスポーツでのベット
・チームのサポート、選手のトレーニング、スマイルプロジェクトのサポート
・サッカーアカデミーなどのトレーニングプログラムを使用する
・サッカー、eスポーツのプロフェッショナル育成、権利購入
・商品の購入とその支払い

などのように、ホワイトペーパーや公式サイトにも記載されております。
これらが、RSCの使い道になるようですね。

NEOのプラットフォームを活用

NEOは、2014年にDa Hongfeiによって設立されました。元々、”Antshares”と命名され、その後2017年6月に”NEO”に改名されました。この技術はオープンプラットフォームとして提供され、主に非営利目的で「コミュニティ」と呼ばれる数万人の人々によって開発されたものです。
「NEOのブロックチェーン技術を使用して、既存の経済システムから新しいスマートな経済を構築する」とHongfei氏は語っています。

RSCはこのNEOをベースに採用しているため、非常に処理能力が優れており、実現可能性が極めて高く評価されております。現在も利用価値が高まっている仮想通貨であり、実際に価格も上昇しておりますので期待が高まります。

開発ロードマップ

世界中のメディアからも注目

世界的に有名な人物が、仮想通貨のICO発行を実施するということで、世界中の様々なメディアが取り上げており、急速に世界で認知と期待が膨らんでおります。こういった戦略は、ボードアップ後も価格の上昇が見込まれやすくより多くの人が参入しやすくなってくると思われます。

そしてこのRSCプロジェクトは世界中のウェブサイトに1,000件以上も記事が掲載されたとのことで、サッカー界と世界レジェンドのロナウジーニョが手がけるプロジェクトとして大いに期待されています。

RSCのICOについて

名前:Ronaldinho Soccer Coin
トークンのシンボル:RSC
総発行枚数:3.5億枚
販売枚数:1.4億枚
購入可能通貨:BTC,ETH,NEO
初期価格:1RSC=0.2USD

販売スケジュールと価格

初期レート0.20 USD 〜 0.26 USDで設定されております。
購入時期によって価格が異なります。(時間はUTCゾーンで設定されます)。

既に現在が初期レートの「プライベートセール」期間中ですので、世界的にも大注目されている仮想通貨RScoinのICOに参加を検討されている場合は登録だけでも先に準備しておいた方が良いでしょう。

RSCの購入方法(アカウント登録)

以下の公式購入サイトからのみ登録・参加が可能です。
※まずは、一度サイトをのぞいてみるとイメージがつくはずです。

RScoin 公式購入サイトはこちら(ICO参加登録)

簡単に手順を記載しておきます。

まずは、「SIGN UP」をクリックしてアカウント作成画面に進みます。

①メールアドレスを入力する
②パスワードを入力する
③パスワードを再入力する
④規約に3箇所チェックを入れる
⑤「CONTINUE」をクリックする

その後、記載したあなたのメールアドレス宛に「確認用メール」が届きます。

本文中の「CONFIRM MY ACCOUNT」という緑色のボタンをクリックするとアカウント登録が完了します。

その後は、同様のサイトからログイン画面に進み、
・登録したメールアドレス
・パスワード
を入力して、ログインボタンをクリックすると、個人専用のダッシュボードが表示されるので、その画面で購入手続きを進めます。

ダッシュボードでの購入方法

ダッシュボードでの購入方法については、画面の指示に従えば簡単なのですが、流れを書いておきますと

(STEP1)
①購入したいRSCの枚数を入力する
②購入するために支払う通貨を選択(BTC,ETH,NEOのいずれか)
③購入したいRSC枚数の確認と、支払う通貨の枚数の確認をする

(STEP2)
①入金用のアドレスを表示するために入金に使用する通貨を選択
②「GET ADDRESS FOR PAYMENT」をクリック
③表示された入金用アドレスをコピーして、選択した通貨の必要枚数を送金する

(STEP3)
①入金が完了したら、残高を確認する
②入金通貨と購入したい枚数を選択して「BUY NOW」をクリックします
全て完了すると、後日トークンが自分のダッシュボードに反映されますので、チェックしてみてください。

以上で、RSCの仮想通貨ICOに参加完了となります!
いかがでしたでしょうか?これからのプロジェクトの動きに大注目していきましょう!

RScoin 公式購入サイトはこちら(ICO参加登録)

関連記事一覧