東京百年物語「キリンレモン サンドクッキー」キリンレモンとコラボレーション商品

長年愛されるおいしさを活かした“シーキューブ”の新しい東京土産シリーズ 『東京百年物語』第二弾 人気の炭酸飲料「キリンレモン」とコラボ。
さわやかなレモンの風味をチョコレートにアレンジし、清涼感のあるクッキーにはさみんだ新しいしギフト商品。

5月21日からJR東京駅内地下1階 グランスタシーズンセレクトにての期間限定販売を皮切りに、東京、品川、上野などの各駅でキャラバン販売をしています。

東京で長年愛される味わいを使って、地元に愛されるお土産菓子を。

『東京百年物語』は、東京に本社を置き100年以上続く企業様や、その企業様の長年愛されている商品とタイアップし、東京発のお土産菓子を展開していく、シーキューブの新しい商品ブランドラインです。

100年以上続く歴史ある名物や素材を、新しい東京土産に変身させて提案することで、日本全国のみならず世界に向けて、東京の魅力、その活気と笑顔を提供します。

昨年発売された第一弾は『森永ミルクキャラメル』とコラボレーションした『東京百年物語-焼きキャラメル-』を発売。素材の風味を生かした焼き菓子として大人気となり、JR東京駅や品川駅、羽田空港などで今もなお東京土産として好評を得ています。

そしてその、第二弾が「キリンレモン」とコラボレーション

『キリンレモン』は1928年に誕生し、発売から90年以上経った今も老若男女から長年愛され続けています。
こだわりの素材で実現した、レモンの爽やかな風味との絶妙なバランス。
『東京百年物語-キリンレモン サンドクッキー-』は、国産バターを使用したサクサクホロホロの食感のクッキーに甘酸っぱいレモンチョコレートをサンドしキリンレモンのさわやかな味わいを焼き菓子で表現しています。
レモンの甘酸っぱさと炭酸飲料のような清涼感の絶妙なバランスが実現した逸品です。

レトロ・モダンな装飾のこだわりのパッケージ

パッケージは、長年愛されてきた味わいを土産菓子に、というコンセプトが伝わるよう、歴史観あるイメージに仕上げました。100年前の西洋文化の影響を受けたレトロ・モダンな装飾で、大正ロマンと懐かしさを印象付けています。

駅ナカをご利用中に見かけましたら、立ち寄って見てはいかがでしょうか。

東京百年物語
キリンレモン サンドクッキー

関連記事一覧